第29回岡山吉備高原車いすふれあいロードレース大会(大会組織委主催、山陽新聞社共催、岡山陸上競技協会主管)が9日、岡山県吉備中央町の吉備高原都市を舞台に開かれ、車いすランナーと一般のランニング愛好者が秋深まる高原を爽やかに駆け抜けた。

 ハーフマラソン、10キロ、3キロの3種目。19都府県の1610人(車いす84人、一般1526人)がエントリーし、障害の程度や年齢別の25部門で競った。

 リオデジャネイロ・パラリンピックで活躍したトップアスリートからレース初心者まで多彩な顔触れがそろい、最大高低差約70メートルの難コースで白熱したレースを繰り広げた。

 マラソンなどで活躍した佐々勤さん(元旭...    
<記事全文を読む>