岩手県で開催されている「2016希望郷いわて国体」は、8日のカヌースプリント500メートルで県勢が今回も複数優勝と力を見せつけた。この日頂点に立った少年男子カナディアンシングルの志田駿太郎選手(寒河江高)と同カヤックシングルの縄空選手(谷地高)は、ともにシングルでは全国初V。志田選手は「優勝者の一員になれた」と安堵(あんど)し、縄選手は自分の力でつかんだ結果に「シングルの優勝は他と違う」と喜びに浸った。

 志田選手は今夏の全国高校総体で500メートル3位、200メートル2位。期待されながら頂点には届かなかった。この日もスタート前は「大丈夫かな」と不安がよぎった。だが号砲が鳴ると集中し「た...    
<記事全文を読む>