岩手県で開かれている第71回国民体育大会「2016希望郷いわて国体」は8日、各地で競技が行われ、自転車女子スクラッチの中村愛花(福井県立科学技術高)が優勝した。中村は、同種目で全国高校選抜、全国高校総体(公開競技)との3冠を達成した。

 高校2冠の18歳が、プロ選手が出場する国体の舞台でも頂点を極めた。今国体から正式種目になった自転車女子のスクラッチ(10キロ)で、最終盤に逆転劇を演じ、初代女王に輝いた。「プロ選手がいる中でどこまで通用するのかなと思っていた。冷静に走れた」と貫禄たっぷりに語った。

 「まだまだ」。中村は何度も自分に言い聞かせていた。バンクを周回するスピードは高校生同士より...    
<記事全文を読む>