北上市の北上総合運動公園陸上競技場で開かれているいわて国体の陸上成年男子100メートルに8日、リオデジャネイロ五輪の男子400メートルリレー銀メダリスト、山県亮太選手(広島・セイコー)が出場し、会場を盛り上げた。

 同予選で五輪リレーメンバーのケンブリッジ飛鳥選手(東京・ドーム)は直前に棄権したが、山県選手は予選で10秒48の走りを披露し、雨の中を駆け付けたファンを沸かせた。準決勝は体調不良のため棄権した。

 他のメンバー、飯塚翔太選手(静岡・ミズノ)と桐生祥秀選手(東洋大)も会場で五輪の功績による表彰を受け、歓声を浴びた。

 桐生選手は「北上の陸上競技場は高校1年のインターハイで走った思い...    
<記事全文を読む>