横須賀市は7日、同市秋谷在住でリオデジャネイロ五輪のセーリング女子470級で5位入賞を果たした吉田愛選手(35)=ベネッセホールディングス=に、市スポーツ特別賞を贈呈した。吉田選手は「名誉ある賞をいただき、素直にうれしい。4年後の地元開催でメダルを取りたい」と喜びを語った。吉田(旧姓近藤)選手は北京、ロンドンに続く3大会連続の五輪出場。ヨットのかじ取りを担うスキッパーを務め、今回は10歳年下の吉岡美帆選手(26)=同=とペアを組んで初のメダル獲得に挑んだ。予選シリーズ初日でトップに立つなど滑り出しは好調だったが、表彰台にはわずかに届かず。ただ、過去2大会の14位を大きく上回る健闘に充実...    
<記事全文を読む>