第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」本大会第7日は7日、県内各地で15正式競技が行われ、山岳少年男子リードで山内響(ひびき)(盛岡南高3年、盛岡・見前中)・中島大智(だいち)(盛岡南高1年、花巻中)組が初の栄冠に輝いた。今大会、県勢の優勝は六つを数え、本県は男女総合成績(天皇杯)7位から再び5位に順位を上げた。

 県勢が同種目を制覇したのは2009年の藤原佑樹(盛岡南高3年)・三上誉人(岩手高3年)組以来、7年ぶり2度目。山内・中島組は予選を1位で通過し、上位8組による決勝は山内が個人1位、中島が同6位の順位点7点で2位東京の10点に3点差をつけた。

 陸上では成年男子円盤投げの米沢(...    
<記事全文を読む>