西京銀行(本店・周南市)の行員らでつくる女子実業団バドミントンチーム「ACT SAIKYO」が7日、9月にオーストラリアで開かれた国際大会の女子シングルスと女子ダブルスで初優勝したことを、村岡嗣政山口県知事に報告した。大会はシドニー市で9月14~17日にあった「シドニーインターナショナル2016」で、女子シングルスに32人、女子ダブルスには32組が各国から出場。斉藤栞選手(18)がシングルス、米元陽花選手(25)と今井優歩選手(21)のペアがダブルスで優勝を飾った。3選手と増田敏雄監督、金丸真明代表(西京銀行専務取締役)が県庁を訪れ、村岡知事に優勝を報告。米元選手は「国際大会初出場で優...    
<記事全文を読む>