2019年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の組織委員会(東京)でPR役のアンバサダーを務める松田努さん(46)が5日、札幌市役所を訪れた。秋元克広市長に大会の盛り上げを要請し、市長も後押しを約束した。

 元日本代表の松田さんは、関東学院大や東芝で活躍し、W杯にも4回出場した名選手。札幌を拠点とするラグビーチーム「北海道バーバリアンズ」の定山渓グラウンド(南区)でも練習した経験があり、「すごくいいグラウンドだったので驚いた」と振り返った。

 松田さんは「15年のW杯で日本は活躍したが、まだまだ競技の知名度は低い。一人でも多くの子供がW杯を見たいと思える活動をしたい」と抱負を語った。

 ...    
<記事全文を読む>