札幌市豊平区出身の女子アイスホッケー選手藤本奈千(なち)さん(25)が、強豪カナダのトップリーグ(CWHL)に加盟する米国チームに入団する。日本代表として2018年平昌冬季五輪を目指す姉の那菜(なな)さん(27)の活躍に刺激を受け、挑戦を決意した。奈千さんの渡米に先立ち、2人は来年2月の冬季アジア札幌大会などに向け、豊平区の魅力をPRする「アップルスマイル大使」に6日就任。「スマイルで終われるよう、結果を残していきたい」とそれぞれ活躍を誓った。

 DFの奈千さんは立命館慶祥高1年の07年、GKの那菜さんとともに日本代表入り。09年には主将としてチームをけん引し、U―18(18歳以下)世界...    
<記事全文を読む>