【旭川】9月のリオデジャネイロ・パラリンピックの車いすテニス女子ダブルスで4位入賞した二條実穂選手(シグマクシス、旭川高等技術専門学院出)が5日、旭川観光大使に就任した。

 二條選手は旭川市で大工の棟梁(とうりょう)として働いていた2003年に転落事故で車いす生活となり、翌年に車いすテニスを始めた。現在は横浜市を拠点に活動、旭川でも合宿を行っている。

 観光大使就任は二條選手が130人目。旭川市体育協会の「スポーツ栄誉賞」も受賞し、市内のホテルで開かれた表彰式で、西川将人市長から大使の委嘱状も受け取った。二條選手は「大好きな旭川をPRできるのはとてもうれしい。旭川の障害者スポーツへの理解も...    
<記事全文を読む>