2017年10月に三好市と高知県大豊町の吉野川上流で開かれる国内初の「競技ラフティング世界選手権」の16年プレ大会(同市、実行委主催)が8日開幕する。10日までの3日間、県勢3チームを含む日本、オーストラリアの19チーム130人が参戦。国内屈指のラフティングのメッカで、熱戦を展開する。

 競技は4種目。1チーム6人制で行い、年齢や男女別に6カテゴリーがある。参加チーム数は▽オープン(全年齢)が男子7、女子3▽マスターズ(40歳以上)が男子3、女子1▽ジュニア(23歳以下)が男子4▽ユース(19歳以下)が男子1。

 8日に短距離の「スプリント」と2艇によるレース「ヘッド・トゥ・ヘッド」の2種...    
<記事全文を読む>