大相撲高砂部屋の高知合宿が10月7日、高知市相撲場で始まった。高知県室戸市出身の高砂親方(元大関朝潮)が見守る中、高知県出身の2力士らが10日まで稽古を続ける。

 高知市での合宿は5年連続。明徳義塾高出身の十両・朝赤龍は巡業のため不参加だが、三段目の朝乃土佐(土佐市出身)、朝乃丈(安芸市出身)をはじめ、先場所ともに6勝1敗と活躍した部屋期待の幕下力士、玉木、石橋らが土俵で汗を流している。

...    
<記事全文を読む>