今季初の全国1勝。ホッケー少年女子で、横田高の単独チームの島根が2-1で京都(立命館高)を下して8強入り。安達あすか主将は「日本一への一歩」と汗をぬぐった。

 今季は「高校三冠」のうち、春の全国高校選抜は1回戦敗退。夏の中国総体(インターハイ)は、6月の中国大会で敗れ、29年ぶりに出場を逃した。最後の一つの国体で挙げた1勝は、目標の日本一に続く、最初の大きな一歩だ。

 前半、相手に3度もペナルティーコーナー(PC)を与えながらゴールを割らせず、逆に、34分の1本目のPCからFW大塚美希が押し込み先制。後半16分、カウンターからMF長谷川美紅が相手キーパーをかわし、リバースシュートで加点し、こ...    
<記事全文を読む>