岩手国体の開催に合わせ、岩手日報社は1日、北上市相去町の北上総合運動公園「わんこ広場」の岩手日報物販ブースにコメントボードを設け、復興へのメッセージを募った。北海道から沖縄まで全国の選手、役員約60人が「心をひとつに」「1日も早い復興を願う」など、東日本大震災や台風10号豪雨の被災地を思う温かい言葉を寄せた。

 ブースは温帯低気圧の影響で一時撤去したが、7日に再開。コメントボードは閉会式の11日にも設置する。(コメント一部紹介・カードの記載通り掲載) 「どんな時でも心は一つです!!頑張りましょう」荒木優里さん(兵庫・ソフトボール少年女子)、「がんばっぺ東北!!」原紘大さん(群馬・ウエイト...    
<記事全文を読む>