いわて国体第6日は6日、盛岡市のいわぎんスタジアムなどで行われ、宮城県勢はサッカー成年男子のソニー仙台が決勝で静岡(アスルクラロ沼津)に延長の末、0-1で敗れ準優勝だった。ハンドボール成年男子はトヨタ自動車東日本が2回戦へ進出した。◎守勢続き耐え切れず サッカー成年男子決勝で宮城は静岡に延長の末、0-1で惜敗。6年ぶりの優勝を逃し、石川監督は「東北の代表としてタイトルが取りたかった」と悔やむ。

 宮城はソニー仙台、静岡はアスルクラロ沼津と共に単独チーム。日本フットボールリーグ(JFL)のライバルに試合の入りで後手に回った。

 前半、強い向かい風に加え、積極的なプレスに押し込まれた。「相手が...    
<記事全文を読む>