2026年冬季五輪・パラリンピック招致を目指す札幌市は6日の市議会冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会で、市民意見などを踏まえた開催概要計画を示した。計画を共同で策定した道の意向を取り入れ、経費縮減に向けて「国立での競技施設整備へ国と協議する」ことや選手育成を図る冬季版総合ナショナルトレーニングセンター(NTC)の誘致などを盛り込んだ。

...    
<記事全文を読む>