「ジャパンカップサイクルフェスタ試乗会」が8、9の両日、宇都宮市森林公園駐車場で開かれる。各メーカーの最新モデルのロードバイクを体験できる「試乗会ゾーン」や「キッズゾーン」などが設けられ、さまざまな自転車の魅力、楽しさを満喫できる。

 自転車ロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」を運営するサイクルスポーツマネージメントなどが実行委員会を組織して主催。21日から始まる「2016ジャパンカップサイクルロードレース」を盛り上げるのが狙いだ。

 試乗会ゾーンは、高低差のある変化に富んだコース。受け付けで試乗パス(1千円、保険料込み)を購入すれば、さまざまなメーカーの最新モデルなどを試乗できる。初...    
<記事全文を読む>