千葉市は六日、プロ野球「千葉ロッテマリーンズ」が本拠地とする千葉マリンスタジアム(千葉市美浜区)の命名権(ネーミングライツ)のスポンサー募集を開始した。熊谷俊人市長は「できるだけ多くの人に関心を持ってもらい、ファンにとっても納得できる方と契約したい」と応募を呼び掛けている。募集期間は今月二十日まで。

 募集条件は、今年十二月一日から五年以上の契約期間で、料金は年間二億五千万円以上とした。市側はスタジアム名に「マリン」を入れることを求めている。提示額や球団や市のイメージに合うことなどを基準に市と球団で選考し、十一月上旬に発表する。

 千葉マリンスタジアムは二〇一一年三月から、命名権を獲得した...    
<記事全文を読む>