リオデジャネイロ五輪バドミントン女子ダブルスで日本バドミントン界初の金メダルに輝いた高橋礼華(26)と松友美佐紀(24)=共に日本ユニシス、宮城・聖ウルスラ学院英智高出=が5日、河北新報社のインタビューに応じ、2020年東京五輪で連覇を目指す意欲を示した。

 高橋は「五輪で連覇したバドミントン選手はあまりいない。自分たちならできるんじゃないかと思った」と話した。9月のヨネックス・オープン・ジャパン決勝でリオ五輪決勝と同じデンマークペアに敗れた後、高橋が松友に考えを伝えた。

 4年後は高橋が30歳、松友が28歳になる。高橋は「デンマークペアは30代なのに、ここまで強くなれると教えられた」、松...    
<記事全文を読む>