◆経験糧に次見据え セーリングは2種目で3位に入賞した。

 少年女子レーザーラジアル級の荒木陽菜(唐津東高)はトップと2点差。それだけに第6レースが中止になり、「優勝まで巻き返せる点数差だった。スタートに立ちたかった」と悔しがった。

 9月24日に現地入りし、本番と同じ環境で練習するなど準備を整えてきた。第1、2レースを2位、1位と好調に滑りだし、全レースで安定した走りを見せた。

 来年からは大学生。県内の成年女子の壁が厚いだけに「まずは県内の誰よりもうまくなり、またこの舞台で上位に食い込みたい」と今回の経験を糧にレベルアップすることを誓った。

 成年女子セーリングスピリッツ級の重由美子・宮崎歩...    
<記事全文を読む>