▽成年男子準決勝 静岡(アスルクラロ沼津) 0(0―0 0―0 延長 0―0 0―0 PK4―3)0 新潟(選抜) 【評】静岡は好機を生かせなかったが、PK戦で新潟を下した。

 前半から圧倒的にボールを保持して相手陣内で攻め込んだ。だが、パスやシュートの精度を欠き、前後半、延長とも無得点に終わった。守備陣は新潟のカウンターを許さなかった。

 PK戦は新潟の2本目をGK藤沢が止めた。静岡は3人目以降が危なげなく決めた。

 ■PK戦、辛くも勝利  藤沢が好セーブ  JFLのアスルクラロ沼津で臨むサッカーの成年男子は、序盤から敵陣で試合を進めながら無得点。PKで新潟を振り切り、辛くも決勝へ駒を進め...    
<記事全文を読む>