◆バレーボール(一関市東山総合体育館ほか) ▽成年男子決勝 広島(JT) 3(25―16 25―17 27―25)0 静岡(東レ) (広島は6年ぶり7度目の優勝) ■連係かみ合わず完敗 バレーボール成年男子の東レは、決勝で同じプレミアリーグのJT(広島)に力負けした。主力と若手を組み合わせたが、連係がかみ合わず0-3。セッター藤井主将は「若手を底上げしながら連覇したかったが、自分たちで崩れて後手に回った」と悔しがった。

 サーブレシーブが乱れ、2段トスからのスパイクは守備網に捕まった。第1、2セットは20点に届かず、先にセットポイントを握った第3セットもサーブで崩され逆転された。

 期待の...    
<記事全文を読む>