東日本大震災と山口国体、あの時から5年―、三陸沖で行われたセーリングで山口が再び天皇杯と皇后杯をつかんだ。第71回国民体育大会「2016希望郷いわて国体」は5日、岩手県宮古市などで行われ、セーリングで山口が男女総合と女子総合優勝を果たした。各種目では成年女子セーリングスピリッツ級で広田英恵選手(徳山高鹿野分校教)と高橋美晴選手(県セーリング連盟)のペアが優勝したほか、同レーザーラジアル級で鴨川雪代選手(県東部ヤクルト販売)が3位、少年女子レーザーラジアル級で渡辺純菜選手(光高3年)が5位と健闘した。この日は風が弱かったためレースが行われず、前日までの順位が最終成績となった。男女総合優勝は...    
<記事全文を読む>