リオデジャネイロ・パラリンピックの車いすテニスで銅メダルに輝いた上地結衣選手(22)=エイベックス、明石商業高出身=と、車いす卓球で準々決勝に進出した別所キミヱ選手(68)=兵庫県障害者スポーツ交流館、明石市在住=が5日、兵庫県の同市役所を訪れ、約350人から祝福を受けた。地元に凱旋(がいせん)した両選手は応援に感謝し、さらなる飛躍を誓った。

 パラリンピックで上地選手は、車いすテニスシングルスで日本女子初となるメダルを獲得。開会式と閉会式では旗手という大役を担った。別所選手は日本選手団最年長として出場し、卓球の日本勢で唯一1次リーグを突破するなど存在感を見せた。

 この日は、職員や知人ら...    
<記事全文を読む>