第七十一回国民体育大会「希望卿いわて国体」第五日は五日、岩手県内で十五競技と高校野球があった。この日も県勢の入賞が相次ぎ、三重高校単独のソフトテニス少年男子が十一年ぶり八度目の優勝を果たした。ソフトテニスでは、同じく三重高単独の少年女子が準決勝で敗退したが三位決定戦に勝ち、三位入賞。さらに成年男子も今月三日の五位決定戦に勝って五位入賞しており、競技別総合で1位になった。県ソフトテニス勢の国体競技別総合優勝は昭和五十年の三重国体以来四十一年ぶり。

...    
<記事全文を読む>