福岡県と熊本県は5日、ノルウェーの2020年東京五輪の事前合宿地に福岡市と熊本県菊池市が内定したと発表した。10日に関係自治体と日本オリンピック委員会(JOC)、ノルウェーオリンピック委員会が福岡市で基本合意書に調印する。

 福岡市が事前合宿地になるのはスウェーデンに続き2カ国目。福岡県はフィンランドの事前合宿についても最終調整をしており、実現すれば北欧のアスリートが集結する調整拠点となりそうだ。熊本県が海外チームの事前合宿地に選ばれるのは初めて。

 福岡県によると、ノルウェーオリンピック委員会は今年3月に福岡、熊本両県のスポーツ関連施設を視察した。隣国のスウェーデンが事前合宿地を福岡市に...    
<記事全文を読む>