秋田市の市立秋田総合病院にスポーツ整形外来が新設され、6日から診療が始まる。診察に当たるのは同院の医師で、プロバスケットボールBリーグ1部・秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)のチームドクターの1人でもある藤井昌さん(32)。「医療を通して本県のスポーツレベルの向上に貢献したい」と意気込んでいる。

 日常生活より体への負荷が大きいスポーツによる故障では、治療や診察に時間が掛かるケースが多いとされる。これまで同院では一般の整形外科で診察してきたが、スポーツ選手の要望に応えられるだけの診療時間を確保できないこともあったという。

...    
<記事全文を読む>