第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」は5日、岩手県各地で16競技(特別競技含む)を行った。馬術の少年団体障害飛越決勝で石井飛雄梧(新島学園高)、富山公晴(農大二高)が鹿児島を破り、今大会県勢優勝の第1号となった。同種目での頂点は20年ぶり。富山はダービーでも8位入賞した。フェンシング成年女子はエペで3位となり、3日のフルーレに続く入賞を果たした。6日は各地で10競技を行う。

...    
<記事全文を読む>