第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」第5日は5日、岩手県競馬組合水沢競馬場ほかで馬術などを行った。県勢は馬術成年男子標準障害飛越競技で広田龍馬(ひろたりゅうま)(馬名ライフ・イズ・ビューティフル・那須トレーニングファーム)が準優勝し、前日に行われた成年女子同種目で3位に入った妻の思乃(しの)とアベック入賞を果たした。

 自転車トラック・レースは各種目で予選を行い、成年男子スプリントで坂井洋(さかいよう)(作新高-日大)が大会記録を上回る10秒614で3位、決勝1回戦に進出。男子の4キロ団体追い抜きとチームスプリント、女子のチームスプリント、少年男子スプリントはそれぞれ敗退した。 <記事全文を読む>