【足寄】今夏のリオデジャネイロ五輪でメダル3個に輝いた卓球日本代表。熱戦を支えた、町内で制作された卓球台「infinity(インフィニティ)」の同型モデルが8日から、町総合体育館ロビーに展示される。10日には町内の小中学生を対象に、この卓球台を使った卓球教室が開かれる。

 リオ五輪の卓球台は、スポーツ用品製造販売の三英(千葉)関連会社で、町内にある三英TTF(テーブル・テニス・ファクトリー)が手掛けた。価格は税抜き75万円。曲線を強調した優美なデザインが注目された。実物を見てもらおうと、町卓球連盟が同社に協力を求め、快諾を得た。

 数々の名場面を演出した卓球台の天板は青を基調に明るめの色に...    
<記事全文を読む>