リオデジャネイロ・パラリンピック(9月7~18日)に参加した県関係選手・役員の報告会と県賞詞授与式が5日、県庁であった。ボッチャ団体BC1・BC2で銀メダルを獲得した木谷隆行(太陽の家)に広瀬勝貞知事から県賞詞(県民栄誉賞)が贈られた。

 報告会には木谷と卓球競技スタッフの阿部友輝さん(県庁)、日本選手団本部役員看護師の甲斐江理子さん(大分中村病院)の3人が出席した。

 木谷は広瀬知事にメダルを披露し、「次は東京で金メダルを目指したい」と意欲を示した。阿部さんは「移動が長くて大変だったが良い経験になった」、甲斐さんは「大きな事故やけがなく終えることができた」と、それぞれ話した。

 県賞詞授与...    
<記事全文を読む>