第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」第4日は4日、17競技が行われ、相撲の成年個人で鳥取の西郷智博(鳥取県地域振興部)が優勝した。成年団体で鳥取は準々決勝で惜敗し5位入賞。なぎなた成年試合の島根、セーリング成年男子レーザー級の瀬川和正(鳥取・米子産業体育館)は準優勝に輝いた。

 ソフトテニス少年男子で松江工高と石見智翠館高で編成する島根が4強入りし、5日の準決勝へ。テニス少年女子で細木咲良、宮内理瑚(ともに開星高)の島根は準々決勝で沖縄に惜敗し、5~8位決定戦に回った。フェンシング成年男子サーブルの島根は、16強による3回戦に進んだ。

 第5日は5日、ソフトテニス、セーリング、テニスな...    
<記事全文を読む>