スポーツクライミングの世界選手権で日本人初優勝を果たした楢崎智亜(ならさきともあ)選手(20)=宇都宮市出身、県山岳連盟=が4日、県庁を訪れ、知事特別表彰の「県スポーツ功労賞」を初受賞した。楢崎選手はメダルを披露し「すごく成長ができた1年。自信になった」と笑顔で喜びを語った。

 楢崎選手は今年、ボルダリング種目で日本人男子初のワールドカップ年間総合優勝を達成。9月にパリで開かれた世界選手権では、並み居る強豪を退けて頂点に立った。

 福田富一(ふくだとみかず)知事は「県民としてこんなにうれしいことはない」と祝福。スポーツクライミングが2020年東京五輪の追加種目であることにも触れ、「大いに期...    
<記事全文を読む>