国民体育大会「2016希望郷いわて国体」第4日は4日、岩手県宮古市のリアスハーバー宮古などで各競技を行い、セーリング国体ウインドサーフィン級成年女子の小嶺恵美選手(一宮グループ)が、愛媛勢第1号となる優勝を飾った。

 小嶺選手は2日から3日間にわたって行われた全6レースでトップとなり、圧倒的な強さで2連覇を達成。千葉市出身の小嶺選手は、愛媛国体を見据え、2015年4月から新居浜市に拠点を移した。国体では、過去に岐阜県代表として10年から3連覇し、愛媛代表として初出場した昨年の和歌山国体でも優勝している。

...    
<記事全文を読む>