秋田市で障害児・者の水泳教室を主宰する水泳インストラクターの谷内祐子さん(47)=同市八橋=が、県内の障害者スイマーを支援するための基金を設立した。自身がボランティアで個人指導した市民からの寄付を基金に積み立て、障害児・者が県外の競泳大会に出場する際の交通費の一部などに充てる。谷内さんは「地方の選手がハンディを感じずに全国で戦える環境をつくり、障害者アスリートの可能性と未来を広げたい」と話す。

 知的障害のある長男(24)がいる谷内さんは、競泳選手だった経験を生かし、障害者が気兼ねなく水泳に取り組める環境をつくろうと、2006年にNPO法人「障害者アクアレッスン ミラクルスイミー」を設立...    
<記事全文を読む>