日本ラグビー協会は3日、11月のテストマッチに向けた日本代表候補合宿に参加するメンバーを発表し、昨年のワールドカップ(W杯)イングランド大会代表のフッカー堀江翔太、SH田中史朗(ともにパナソニック)や38歳のロック大野均(東芝)ら36人が選ばれた。11月5日のアルゼンチン戦(秩父宮)はジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)が初めて指揮を執る。

 日本協会によると、昨年のW杯で主将を務めたFWのリーチ・マイケル(東芝)は個人的な理由で辞退し、5月に右肩を手術したフランス1部リーグ、トゥーロンのFB五郎丸歩もコンディション不良で外れた。

 リーグ戦開幕5連勝で首位のヤマハ発動機からは6人が...    
<記事全文を読む>