来年2月に開かれる第8回冬季アジア札幌大会の組織委員会(事務局・札幌市)は3日、競技の映像を撮影し、国内外に配信する国際映像制作組織「SAWBS(ソーブス)」を設立したと発表した。道内の民放5局が参画した。

 これとは別に、日本放送協会(NHK)が国内向けの放送を行うことも併せて発表した。期間中はハイライトを毎日放送するほか1、2競技を中継する。冬季アジア大会で、国内向けに競技が連日放送されるのは今回が初めて。

...    
<記事全文を読む>