第71回国民体育大会「2016希望郷いわて国体」で特別競技の高校野球硬式は3日、岩手県花巻市の花巻球場などで2回戦を行い、夏の高校野球覇者・作新は11-12での大逆転負けを喫した。

 この日が初戦となった作新は、先取点を奪ったほか全国制覇の立役者・今井達也も途中から登板。

 八回表には11-6と大差でリードしたが、同回裏に鳴門が猛反撃し、今井から一挙6点を奪って逆転に成功。

 作新は九回無得点に終わり、甲子園に続く2冠達成はならなかった。

 この日は高校野球軟式も2回戦が山田町民運動公園野球場で行われ、作新は天理(奈良)と対戦、1-1から延長十四回タイブレークで敗れた。

...    
<記事全文を読む>