第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」本大会の軟式野球競技は2日、洋野町オーシャンビュースタジアムなどで1回戦を行い、オール岩手で臨んだ本県は2―0で広島を下し初戦を突破。東日本大震災、台風10号からの復興へと歩む地元に勝利を届けた。

 先発の小原慎矢(北上信金)は「万全の調子で臨めた」と140キロ前後の直球を中心に7回無失点の好投。マウンドを託された三浦翔太(仙北中教)も無失点に抑えた。1番橘廉(盛岡信金)が2打席連続の三塁打を放ち、好投に応えた。

 チームは台風で使用断念となった岩泉町の楽天イーグルス岩泉球場で強化合宿を重ねた。同町の競技関係者の献身的な支援を受けた主将多田圭吾(盛岡...    
<記事全文を読む>