重量挙げの17歳以下の世界大会、世界ユース選手権(20~25日、マレーシア)に、宮城農高1年の佐藤康太郎(16)が日本代表として出場する。国内から派遣する有望株、男女5人の1人に選ばれた。バルセロナ五輪の重量挙げ代表を務めた父で同校の和夫監督(46)譲りのセンスを生かし、「いい経験にしたい」と世界に挑む。

 8月のインターハイは69キロ級に出場し、1、2年生で最高のトータル220キロを挙げ11位に入った。自己ベストは225キロ。パワーが必要なジャークは3年生と差があるが、技術力がものをいうスナッチは引けを取らない。

 仙台市八木山中では野球部に所属しながら、父が監督を務める宮城農高の練習場...    
<記事全文を読む>