国民体育大会「2016希望郷いわて国体」は2日、奥州市の江刺中央体育館などで行われ、重量挙げの成年男子85キロ級は山本俊樹(兵庫・ALSOK)がトータル339キロで4連覇を達成。同105キロ級は持田龍之輔(山梨・ALSOK)がスナッチで164キロの大会新をマークし、トータル365キロで2連覇した。

 トライアスロンの成年女子はリオデジャネイロ五輪代表の上田藍(千葉)が優勝した。成年男子の沢瀉大樹(兵庫)は1時間53分44秒で9位。ソフトテニス成年女子の兵庫は準々決勝で北海道を破り、準決勝に進出した。軟式野球の兵庫(オール兵庫)は1回戦で福井(セーレン)を2-1で下した。

 特別競技の高校野...    
<記事全文を読む>