ビーチバレーボールの国内ツアー「ジャパンツアー」の年間王者を決めるファイナル大会は2日、大阪市のグランフロント大阪うめきた広場で準決勝、決勝を行った。福井県勢女子の村上めぐみ・石井美樹(オーイング・湘南ベルマーレ)組は、決勝で西堀健実・溝江明香(トヨタ自動車)組を2―0で破って優勝し、初代チャンピオンに輝いた。

 草野・長谷川(日体大・フリー)組との準決勝は接戦。村上組は第1セット21―15、第2セット18―21、第3セット15―13と2―1で競り勝った。

 決勝では第1セット21―15、第2セット21―18のストレートで西堀・溝江組を退けた。

 ジャパンツアーは昨年までのJVAシリーズ(日...    
<記事全文を読む>