第七十一回国民体育大会「希望卿いわて国体」は二日、岩手県内で本格的に競技が始まった。重量挙げ成年男子94キロ級ジャークは、四日市工高出身で九州国際大四年の太田悠斗が182キロを挙げて一位に輝き、総合開会式以降、県勢の優勝第一号になった。

 高校時代、全国高校選抜、全国高校総体(インターハイ)で優勝を重ねたが国体優勝は初めて。「今まで応援してくれた人の顔が浮かんだ」と喜びをかみしめていた。

...    
<記事全文を読む>