第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」は1日、岩手県北上市の北上総合運動公園陸上競技場に天皇、皇后両陛下をお迎えして総合開会式が行われ、開幕した。

 南から順に入場し、43番目に登場した秋田県選手団(団長・小笠原直樹秋田県体育協会長)は、重量挙げ成年男子105キロ超級の腰山浩汰(秋田県体協)が旗手を務め、100人が堂々と行進した。

 重量挙げが奥州市江刺中央体育館で行われ、秋田県勢は成年男子53キロ級の佐藤亮哉(秋田県体協)がジャークで2位、スナッチで5位入賞を果たした。

...    
<記事全文を読む>