国民体育大会(希望郷いわて国体)が一日、開幕し、岩手県北上市の北上総合運動公園北上陸上競技場で天皇、皇后両陛下をお迎えして開会式が行われた。重量挙げ成年男子では、62キロ級の押田真選手(日本大)がトータル一位になった。

 開会式では、ソフトボール少年女子に出場する西田菜々子主将(滑川高)が旗手を務め、フェンシングなど八競技の選手ら七十人が堂々と行進した。

 重量挙げの押田選手は、スナッチ、クリーン&ジャークともに二位と安定した成績で、トータルでは271キロで一位。「記録としては満足いくものではなかった。もうちょっとやれたのでは」と悔しさをにじませつつも、「自分のやることを頭に描いて、精神的...    
<記事全文を読む>