プロボクサー引退後に新座市職員となり、昨年7月に「新座宏」のリングネームで10年ぶりにプロ復帰を果たした渡辺宏さん(35)=さいたま市南区=が5日、後楽園ホール(東京都文京区)で行われる東日本新人王トーナメントのフェザー級の準決勝に臨む。渡辺さんは「練習の成果を発揮し、勝利をつかみたい」と意気込みを見せている。

 (服部展和) 「戦いながら新座をPRしたい」。渡辺さんはそんな思いを込めて市名にちなんだリングネームを付け、「新座市」の文字と市のマスコットキャラクター「ゾウキリン」をあしらったボクサーパンツ姿でリングに上がっている。ファイトマネーは市に寄付することにしており、これまでにボクサ...    
<記事全文を読む>