バスケットボール男子のB1仙台は1日、仙台市太白区のカメイアリーナ仙台(仙台市体育館)に北海道を迎えたホーム開幕戦を、72-67の白星で飾った。国内男子リーグが統一され、トップレベルの技の応酬に、4789人の観衆が酔いしれた。

 ホーム初戦での勝利を後押ししようと、アリーナにはゲーム開始前から、多くのブースターが詰めかけ、おそろいのTシャツでスタンドをチームカラーの黄色に染めた。初めて観戦に訪れた涌谷町の会社員高成祐さん(40)は「NBA並みの激しいプレーを期待したい」と試合開始を待った。

 ゲームは38-32とリードして折り返し。仙台市榴岡小4年の渡辺怜生君(9)は、「仙台はジャンプシュ...    
<記事全文を読む>