第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」は1日、岩手県北上市の北上総合運動公園北上陸上競技場で、天皇、皇后両陛下が出席されて総合開会式を行い、開幕した。

  開会式では南から北の順で入場行進し、本県選手団は40番目に登場。「勝つぞ! 茨城」と書かれた旗を振り、はつらつと行進した。

 地元岩手県の陸上成年男子の高橋英輝(富士通)、ホッケー成年女子の小沢みさき(東北銀行)の両選手が選手宣誓し、「勇気と感動と元気を届けるべく、最後まで力いっぱい、競技することを誓います」と述べた。

 同県で国体が開かれるのは1970年の第25回大会以来46年ぶり。11日までの11日間、特別競技を含む38競技を行い...    
<記事全文を読む>