第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」は1日、岩手県北上市の北上総合運動公園陸上競技場で総合開会式が行われ、本県選手団は選手を前列、役員を後列に配置した入場行進で「主役は選手」を力強く表現した。

 県によると、本県選手団が隊列の前方に選手を配置するのは初めて。東京五輪・パラリンピックを4年後に控え、日本が掲げる「アスリートファースト」の精神を重視。選手がより輝ける行進を目指した。

 今年は47都道府県のうち、6番目に登場した本県と35番目の東京が、役員を後列に配置していた。

...    
<記事全文を読む>