「広げよう 感動。伝えよう 感謝。」をスローガンに第71回国民体育大会「2016希望郷いわて国体」の総合開会式が1日、岩手県北上市の北上総合運動公園陸上競技場で行われた。晴天の下、各都道府県の代表選手ら約4500人が参加し、スポーツの祭典が幕を開けた。

 開催県の岩手は東日本大震災からの復興を進める中、今夏は台風10号による甚大な被害に見舞われた。同県開催は46年ぶりで震災後、被災3県では初開催となる。大会は1日から11日まで。本県は会期前の水泳を含めた32競技に370人が出場する。

 会場は約1万2千人の観客で埋め尽くされ、天皇、皇后両陛下も出席された。選手団は沖縄県から順に入場。本県選...    
<記事全文を読む>